名刀拝見♪ 重要美術品『備州長船 光忠』

news&column

先日、名刀と鑑賞させいただきました。

重要美術品の『備州長船 光忠』(上の書籍の画像の実物になります。)を拝見させていただきました。『光忠』は、鎌倉時代中期に備前長船の刀剣の開祖で、” King of the Osafune “です。戦国武将の織田信長公も『光忠』のコレクターなくらい古から珍重されてきました。

鎌倉時代の太刀が何故これほど珍重されるか、何故刀剣類の頂点なのか、そのワケをか今見ることができました。 そして、『光忠』の孫にあたる『景光』も同時に拝見させていただきまして感動いたしました。当方、『光忠』『景光』の両、古名刀を実際に手に取って拝見するには初めてでありました😌

太刀、刀…というと、周りの方々は、意味深な顔をされます。皆、受け取り方が違いますし、それに対してどうこういう気はありませんが、この様な800年も前の古名刀…は現在は美術品として後世に受け継がれていくべきモノと変化してます。

その気高く反った姿、端正な地金、幽玄の美を表す刃紋…どれをとっても、ただ人を切るためだけ目的につくられた武器という概念を遥かに超越する神器的な要の美を備えています。これが、切るためだけのモノだったら、古の武人や所持者が800年も大事に保存できるわけがありません🤔 元々刀剣は、放置したら最も酸化しやすい『鉄』でできているのです…。この様に最古で1000年も代々受け継がれる武器?など、世界広しといえども日本固有のものです。

ただ、刀剣は、陶芸品と同じようにある程度の勉強が必要で、それ無しでは、ただの鉄の塊なのです。その世界に入り込むには何かのキッカケが必要なのが理解できます♪

nakano_dental_img_09
nakano_dental_img_10
なかの歯科医院
NAKANO DENTIST’s OFFICE
〒524-0041 滋賀県守山市勝部3-10-39 ファミール守山1F
噛み合わせを
診れる

守山市の
歯科医院
診療時間
MON
TUE
WED
Thu
Fri
Sat
日・祝
SUN
9:00-12:30
14:00-18:30
※○:土曜日は14:00-18:00です。
診察は予約制です
tel.
077-514-3323