歯周病

periodontal disease
自由診療(自費診療)
医療控除あり

「歯がグラグラする」「歯ぐきから出血する」こんな症状はありませんか?

「歯がグラグラする」「歯ぐきから出血する」という症状は、歯周病が原因であることが多いです。これらの症状は、歯を支える歯周組織が炎症を起こし、その機能が低下している証拠です。歯周病は初期段階では目立った痛みを伴わないため見過ごされがちですが、放置すると歯を失うことにつながります。
歯周病は治療可能ですが、早期発見が鍵を握ります。もし上記のような症状に気がついた場合は、できるだけ早く歯科医師の診断を受けることをお勧めします。定期的なチェックと適切なケアにより、歯周病の進行を防ぎ、健康な口内環境を維持できるようにしましょう。

periodontal_disease_01

歯周病とは

歯周病は、歯ぐきと歯を支える骨に炎症が起こる病気です。主に歯垢の中の細菌が原因で、放置すると歯がグラグラするなど、最終的には歯を失う可能性があります。初期症状には、歯ぐきの腫れや出血がありますが、早期発見と適切なケアで進行を防げます。しかし、最も重要なのは予防です。定期的な歯科検診に加えて、正しいブラッシング技術を身につけ、毎日のオーラルケアを怠らないことが大切です。また、喫煙や不適切な食生活は歯周病のリスクを高めるため、これらを避ける生活習慣の改善も推奨されます。

こんな症状の時は注意

diagnose_01

歯周病は歯だけでなく全身に影響を及ぼします

歯周病は、歯と歯ぐきに影響を与えるだけでなく、実は全身の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。
熟成したプラーク、いわゆる「バイオフィルム」が悪影響を与えるのです。
以下は歯周病が全身に与える影響の例です。

periodontal_disease_05

①心筋梗塞、動脈硬化

歯周病がある人は、心臓病になるリスクが高くなるとされています。歯周病の細菌が血流に入り、心臓に炎症を引き起こす可能性があるためです。
periodontal_disease_06

②糖尿病

歯周病は糖尿病の管理を難しくすることがあります。歯周病による炎症がインスリンの働きを阻害し、血糖値のコントロールを悪化させる可能性があります。
periodontal_disease_07

③誤嚥性肺炎

歯周病の細菌が呼吸器へと広がり、肺炎や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などのリスクを高める可能性があります。
periodontal_disease_08

④出産時のリスク

妊娠中の女性で歯周病があると、早産や低体重児の出産リスクが高まることが示されています。

その他、認知症、リウマチのリスクもUPします。
バイオフィルムの定期的な除去は、全身の健康維持に大きく関わっております。

これらの全身への影響は、歯周病の細菌やその炎症反応が全身に広がることによって起こります。
定期的な歯科検診と適切な口内ケアは、口内の健康を保つだけでなく、全身の健康維持にもつながる重要な行為なのです。
なお、定期的なメンテナンスに関しては予防のコーナーで説明をしております。

バイオフィルムとは

歯周病菌とは、歯周病の発症・進行に関与する細菌の総称であり、これらの細菌が集まり塊を形成したものがバイオフィルムです。
歯周病菌が繁殖し、歯頚部などにバイオフィルムを形成することで炎症を起こし、歯周病を発症させる原因となります。歯の痛みや感染症のリスクが高まるだけでなく、最終的には歯を失う原因にもなります。
さらに、口腔内の健康は全身の健康と密接に関連しており、虫歯や歯周病は心臓病や糖尿病などの全身疾患のリスクを高めることがあります。したがって、毎日の歯磨きやフロスでの口内ケアはもちろん、定期的な歯科検診を欠かさないようにしましょう。

prevention_101

治療について

歯周病の治療には、病状を正確に把握するためにいくつかの検査が行われます。
これらの検査結果を基に歯周病の進行度を評価し、適切な治療計画を立てます。治療には、プロフェッショナルクリーニング(スケーリングやルートプレーニング)、場合によっては外科的処置や抗生物質の使用などが含まれることもあります。
periodontal_disease_02

歯周ポケット検査

歯ぐきの深さを測定する検査です。専用の器具を使って歯ぐきのポケット(歯と歯ぐきの間にできる隙間)の深さを測ります。この深さが正常値を超えていると、歯周病が進行している可能性があります。

periodontal_disease_04

歯の動揺度検査

歯がどれだけ安定しているか、またはどの程度動くかをチェックします。歯周病が進行すると、歯を支える骨が減少して歯が動きやすくなるため、この検査は重要です。
periodontal_disease_03

レントゲン撮影検査

歯と周囲の骨の状態を詳しく観察するためにレントゲン撮影が行われます。この検査により、歯周病による骨の減少や破壊の程度を評価できます。当院では、歯科CTスキャンによるCT診査診断を、歯周病の患者様にも利用させていただいております。条件が合えば、保険適用で撮影可能です。

進行に応じた治療について

歯周病の治療は、その進行度に応じて異なります。
重要なのは、初期段階での発見と治療の開始です。歯周病が進行するほど、治療は複雑になります。

①初期 歯周炎

初期でしたら、スケーリング(簡単な歯石除去)と歯ブラシ指導で改善が期待できます!

② 中等度 歯周炎

中等度まででしたら、縁下歯石の除去『ルートプレーニング』、場合によってはFOP(フラップオペレーション)という外科手術が必要になります。
※エムドゲインや骨移植による骨造成は自費治療にて行っております。ご相談ください。

③ 重度 歯周炎

重度に進行した場合、手術して固定を行う保存的処置から、抜歯を行い、ブリッジやインプラント、義歯などの補綴が必要になります。

生活習慣を含めたトータルサポートを行います

人類が歯を失う、原因のひとつは『歯周病』です。歯周病の予防には、生活習慣を含めたトータルケアが必要です。
タバコや遺伝、糖尿病なども大きく関与しますし、歯ブラシのスキルが歯周病の改善に大きく関わってきます。
歯ブラシのテクニック的なスキルupを含めて患者様ご本人の積極的参加が必要となります。
健康な歯を長く維持できる様、定期的な歯科検診と適切な口内ケアを行いましょう。

nakano_dental_img_09
nakano_dental_img_10
なかの歯科医院
NAKANO DENTIST’s OFFICE
〒524-0041 滋賀県守山市勝部3-10-39 ファミール守山1F
噛み合わせを
診れる

守山市の
歯科医院
診療時間
MON
TUE
WED
Thu
Fri
Sat
日・祝
SUN
9:00-12:30
14:00-18:30
※○:土曜日は14:00-18:00です。
診察は予約制です
tel.
077-514-3323