予防歯科とメンテナンス

prevention
自由診療(自費診療)

予防歯科と定期的なメンテナンスの質を高める

予防歯科と定期的なメンテナンスは、口腔健康を維持し、将来的な歯科治療への依存を減らすために非常に重要なことです。当医院では、個々の患者様の健康状態やライフスタイルを考慮し最新の技術でもあるEMSエアフローワンでプラークや歯石の除去をより効果的に行い同時に患者様の不快感を最小限に抑え患者様一人ひとりのニーズに合わせた治療計画で生涯にわたる口腔健康を実現いたします。
正しい歯磨き方法が分からない
歯間ブラシやフロスの使用が難しい
定期的な歯科検診の継続が難しい
口の中がネバネバする
prevention_104
食生活の改善が困難
子どもの歯磨きの習慣づけがしたい
歯科治療への恐怖や不安がある
口臭が気になる

治療の効率を高めるため自宅でもできるメンテナンスもお教えしております

当医院では、患者様の口腔健康を守り、治療成果を持続させるために、正しい口腔ケアの重要性を深く理解していただくことを心掛けています。その一環として、効果的なブラッシング方法やデンタルフロスや歯間ブラシの適切な使用法について、詳細かつ丁寧に指導しております。日常的な口腔ケアの習慣は、予防歯科の核心をなすものであり、虫歯や歯周病などのリスクを大幅に減少させることが可能です。このため、患者様一人ひとりの口腔状態や生活習慣に合わせたアドバイスを行い疑問や不安がある場合はいつでも気軽にご相談いただける環境を整えています。 さらに、口腔内のバイオフィルムが生み出す全身疾患のリスクについても、科学的根拠に基づいた情報を分かりやすくお伝えし、予防のための具体的な方法をご提案し長期にわたって健康な歯を維持できるよう、全面的にサポートしております。

予防歯科は生涯を通じて健康な歯でいるためにとても重要です

お口の状態を健康に保つことは、ご自身の歯をより長く残すことではなく、口内の細菌によって引き起こされる血管・肺・心臓疾患など、全身への影響を予防することのも繋がります。古く熟成した歯垢、バイオフィルムと言いますが、このバイオフィルムが巷でよく耳にする誤嚥性肺炎の原因菌になっている事をご存知でしょうか?また近年では、歯に付着したプラークが脳に影響を及ぼし、認知症との関係も認められております。このような、お口の健康とお身体の健康、さらにしっかり噛んで食事を楽しめるといった、QOLの向上・維持にも予防歯科が重要です。

昭和から平成にかけて、歯石を目の敵にして歯科検診では『歯石除去』を中心に施工してきました

バイオフィルムが石灰化して歯石になるまでに、すでに歯周組織の破壊は進んでいますので、現在はバイオフィルムを前もって除去する事が予防歯科のメインになっております。

まして、誤嚥性肺炎や認知症、動脈硬化、心筋梗塞…などの全身疾患と密接な関係にあるバイオフィルムを除去しケアする事が口腔内だけではなく真に健康的な生活を送る上で重要なポイントとなってきております。
prevention_108

昭和から平成にかけて、歯石を目の敵にして歯科検診では『歯石除去』を中心に施工してきました。

バイオフィルムが石灰化して歯石になるまでに、すでに歯周組織の破壊は進んでいますので、現在はバイオフィルムを前もって除去する事が予防歯科のメインになっております。 まして、誤嚥性肺炎や認知症、動脈硬化、心筋梗塞…などの全身疾患と密接な関係にあるバイオフィルムを除去しケアする事が口腔内だけではなく真に健康的な生活を送る上で重要なポイントとなってきております。

昭和の時代の予防歯科

予防歯科は主に年に1回の歯科検診が一般的でした。この時代の歯科予防は、大きな問題が発生する前に、定期的なチェックアップで口内状態を把握し、必要に応じて治療を行うことに重点を置いていました。しかし、その当時の知識や技術では、現在ほど効果的な予防方法は限られていました。

平成の時代の予防歯科

予防歯科の考え方が進化し、半年に1回の歯科検診が推奨されるようになりました。この時期には、プラークコントロールの重要性がより強調され、定期的なクリーニングで歯石の形成を防ぐことが一般的になりました。プラークは唾液中のミネラルと反応して硬くなり、歯石に変わるプロセスがよりよく理解されるようになりました。歯石が形成されると、取り除くのにより専門的な処置が必要となり、治療にかかる時間が増加します。

令和の時代は「バイオフィルム」の管理に焦点を当てた治療に

予防歯科は、歯石が形成される前段階の「バイオフィルム」の管理に焦点を当てるようになりました。バイオフィルムは、口内の細菌が生成する薄い、ネバネバした層で、歯石は死んだ細菌で形成されたものです。凸凹ザラザラして、周りに歯垢がつきやすいので、歯石の周りのバイオフィルムごと除去する必要があります。
抗菌剤も効果がありませんので、歯科関係者が機械的に除去するしかありません。そしてバイオフィルムが全身疾患との関係性が明確になるに連れ、一口腔単位から全身の健康へとグローバルに目が向けられる様になりました。

diagnose_01

歯の予防とメンテナスを怠るとどうなる?

予防歯科と定期的なメンテナンスを怠ると、様々な口腔内問題や全身の健康に影響を及ぼすリスクが高まります。
prevention_04

虫歯の増加

定期的なプロフェッショナルクリーニングやフッ素治療を受けず、自宅での適切な口腔ケアを怠ると、プラークが蓄積し、酸を生成して歯のエナメル質を溶かし始めます。
虫歯が進行し、痛み、感染、最終的には歯の喪失につながる可能性があります。
prevention_05

歯周病の発展

プラークと歯石の蓄積は歯周病(歯肉炎から進行した場合は歯周炎)の主な原因です。これは歯を支える骨と組織の炎症や感染を引き起こします。
進行した歯周病は、歯の緩みや喪失、さらには顎の骨の損失を引き起こす可能性があります。
prevention_06

口臭の悪化

定期的なクリーニングを受けないと、口腔内に残留する食物の破片や細菌が増加し、不快な口臭の原因となります。
社会生活に影響を及ぼし、自信の低下にもつながる可能性があります。
prevention_07

全身健康への影響

口腔内の炎症は、心臓病、糖尿病、妊娠合併症、その他の全身疾患のリスクを高めることが示されています。
歯周病は全身の炎症の原因となり、これらの疾患の管理をより困難にする可能性があります。
prevention_08

美容上の問題

歯の汚れ、歯石の蓄積、歯の変色は見た目にも影響します。
笑顔の美しさが損なわれ、自信の低下や社会的な影響を及ぼす可能性があります。
prevention_09

経済的な影響

定期的なメンテナンスを怠ると、初期段階で簡単に治療できた問題が重大なものに進行する可能性があります。
高額な治療費がかかる場合があり、経済的負担が大きくなります。
予防歯科と定期的なメンテナンスは、これらの問題を防ぎ、口腔健康を維持するために極めて重要です。定期的な歯科診療を受け、適切な自宅でのケアを行うことで、これらのリスクを大幅に減少させることができます。

当院の治療メニュー

当医院では、お口に違和感を感じてからの来院はもちろんのこと、定期的な検診としても受診が可能です。検診では主に、虫歯や歯周病、欠損チェックを行います。患者様のお口の中の状態をしっかり把握した上で、ご説明の際は、専門的な用語を控え、わかりやすい説明を行います。ご不明な点や不安に感じる事などございましたら何なりとご相談ください。

PMTC(専門家による機械的歯面清掃)

自由診療
3,300
円(税込)

EMSエアフローワン

自由診療
片顎
3,300
円(税込)
全額
5,500
円(税込)
※保険診療で、メンテナンス(P重防)の患者様には保険適応にてリーズナブルにEMSエアフローワンを提供しております。(条件がございますのでご相談ください。)
※当院でのインプラント、矯正、セラミックス治療を複数歯された患者様はメンテナンスとして約¥2500程度でEMSエアフローワンにて清掃を行っております。

最新鋭の治療法EMSエアフローワン

EMSエアフローワン(EMS AIRFLOW® One)は、歯科医療分野で使用される予防歯科治療およびメンテナンスのための装置です。超音波スケーラーを用いた治療は効果的に歯垢や歯石を除去できますが、歯の表面に傷をつけるリスクがあります。一方で、エアフローワンを使用した治療は、歯の表面に傷をつけることなく歯垢や歯石を取り除くことが可能で、しかも歯肉縁下数mmのバイオフィルムも除去できます。歯の清掃効果を高めることによって、歯周病の予防や治療を効果的に促進します。元々、自費の清掃機器ですから、初診の清掃には用いることができません。定期的メンテナンス(P重防)の方には、EMSエアフローワンの保険導入も行ってリーズナブルに施工しておりますので、ぜひご相談ください!

保険導入制度あり
歯にキズをつけない
基本自費診療

予防歯科における利点

エアフロー技術を用いて、歯と歯茎の間や歯石が堆積しやすい部位のプラークを効率的に除去します。
定期的な使用により、歯肉炎や歯周病のリスクを減少させることができます。
喫煙や飲食物による歯の染色を効果的に取り除き、白い歯を保つことができます。
歯や歯茎へのダメージを最小限に抑えつつ、清掃を行うことが可能です。

メンテナンスにおける利点

定期的なメンテナンスにより、口腔内の衛生状態を維持し、将来的な歯科治療の必要性を減らすことができます。
患者の口腔内状態に応じて、治療プロトコルを調整することが可能です。
従来のスケーリングに比べて痛みが少なく、治療後の快適さが向上します。

次世代のメンテナンス「パウダー・クリーニング」をおすすめします!

prevention_103

EMSエアフローワン治療のデメリット

治療中に使用される水、空気、研磨剤の混合物は、特に敏感な患者にとっては不快感を引き起こすことがあります。また、冷たい水の使用は、一時的な歯の敏感さを引き起こす可能性があります。
エアフローワン治療後は、使用された研磨剤が口内に残ることがあり、念入りにすすぐ必要があります。一部の患者はこの過程を不快に感じることがあります。

当医院の予防歯科とメンテナンス

個別化された治療計画と継続的な情報提供

年齢、健康状態、ライフスタイル、過去の歯科治療の履歴など、患者一人ひとりの状況に応じた治療計画を立て口腔内の健康リスクを評価し、そのリスクに基づいて必要な予防措置や治療を計画します。治療計画を立てる際には、患者との密接なコミュニケーションを行い患者様が治療計画について理解していただき、同意することで、治療の成功率を高めます。また患者様に口腔衛生の重要性や正しいブラッシングの方法、フロスの使用方法などの教育も行い自宅での口腔ケアの改善を行なっていただけますので当医院の予防歯科・メンテナンスをおすすめいします。
doctor_nakano